マイラボが妊娠中の過ごし方や出産後のトレーニングや食生活を応援

HOME > コンテンツ > 産後ダイエット

太りすぎに注意して!産後ダイエットをしやすくするために〜

昔からよく、妊婦さんは赤ちゃんのぶんまで2人分たべなきゃ…というのを聞いたことがありませんか?
たしかに、妊娠中は通常より多くとる必要があるビタミンやミネラルがありますが、皮下脂肪を蓄えて太りやすくなっています。体重の増えすぎは、妊娠中の病気や、出産後の肥満にもつながるおそれがあります。妊娠中の無理は厳禁ですが、産後ダイエットを順調にするためにも、
必要な栄養のバランスと、適切なカロリー摂取にこころがけましょう。

鉄分

妊娠中は積極的に摂りましょう。 ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂るのがおすすめです。
★鉄分を多く含む食品
卵、カキ、あさり、レバー、赤身牛肉、大豆、など。

カルシウム

★カルシウムを多く含む食品
牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、豆腐などの大豆製品、小魚や緑黄色野菜。

葉酸

★葉酸を多く含む食品
枝豆、ブロッコリー、ほうれん草、バナナなど。

ビタミンC

★ビタミンCを多く含む食品
レモン、いちご、ピーマン、はくさい、ブロッコリー、さつまいもなど。

※参考:「妊産婦のための食生活指針」2006年3月

妊娠中の過ごしかた 出産後〜1ヶ月の過ごし方 出産後1ヶ月〜6ヶ月のトレーニングダイエット 出産後の栄養・食生活とダイエット 出産後6ヶ月〜のリベンジダイエット
▲ページTOPへ

1ヵ月からの産後は、無理はしないで過ごそう!開いた骨盤をググっと引き締めよう。

産後ダイエットの準備期間にあたるこの時期は、産後の疲れた身体を回復するとき。これからの赤ちゃん世話や家事に備えて、自分のペースで徐々に日常生活のペースをつかんでいきましょう。
出産後1ヶ月目に母体と赤ちゃんの検診を受けるときに、運動や食事についてお医者さんにアドバイスをもらいましょう。産後について相談してみるのも良いでしょう。また、産後の骨盤が開き、内臓が下がった状態は、将来脂肪がつきポッコリお腹のもと!
エクササイズはまだ早いですが、この時期から引き締めをはじめることが大切です。

産後の歪んで開き放しの骨盤をそのままにしていると産後太りの原因となったり、腰痛の誘引になってしまいます。
下半身の贅肉ばかりに目がいきがちですが、その土台である骨盤を補正せずにおくと脂肪がつきやすくなってしまうのです!
ヒップも垂れてしまいますよ。

 
妊娠中の過ごしかた 出産後〜1ヶ月の過ごし方 出産後1ヶ月〜6ヶ月のトレーニングダイエット 出産後の栄養・食生活とダイエット 出産後6ヶ月〜のリベンジダイエット
▲ページTOPへ

産後〜6ヶ月がチャンス!

1ヶ月検診が終わり、お医者さんから普段の生活に戻ってよいという許可がでれば、いよいよ開始!
大切なことは、「産後の骨盤の引き締め」とともに「高カロリーで栄養が不足する食事を避けること」と「軽い筋力トレーニング」をバランスよく行うことです。
出産後〜6ヶ月の時期は、勝負時!産後の身体のバランスが痩せやすい時期といわれています。この機会にバランスのよくこころがければキレイなママもすぐそこ!です。

あなたは「ママ」です。
「産後は赤ちゃんの世話で疲れるし、時間もないから無理!」
そう思いたくなるのも仕方ないかもしれません。

そんな産後ママ向けは、お家でカンタンにはじめられるエクササイズマシーンがぴったり!

「育児しながらエクササイズ」するポイント
1)赤ちゃんが寝ている間にお家でカンタンにできるエクササイズを選ぶ
2)家事も育児も大変ですが、日常の動きだけでは、骨盤はもとには戻りません。効率的に骨盤を補正できる運動が大切。
 
妊娠中の過ごしかた 出産後〜1ヶ月の過ごし方 出産後1ヶ月〜6ヶ月のトレーニングダイエット 出産後の栄養・食生活とダイエット 出産後6ヶ月〜のリベンジダイエット
▲ページTOPへ

授乳について

1)授乳することで、妊娠前の体にもどろうとするのを促進するといわれ、産後の骨盤もしまりやすくなります。これも産後ダイエットといえるかもしれません。
2)授乳は人によりますがおよそ600kcal〜700kcalを消費すると言われます。これはプールで1時間平泳ぎしたカロリーとほぼ同じ。キチンと適量を守り、食べすぎなければOK!

ハードな食事制限をしたり、サプリメントやカロリーコントロール食品だけに頼ったような仕方は禁物です!赤ちゃんと産後のママの体のことを考えて、高たんぱくでバランスの良い食事を3食しっかり食べるよう心がけましょう。
良質な母乳をつくるためには、カルシウムや鉄分を摂る事を意識して食品をえらぶことも大切です。
ただし、お腹がすくからといって、間食の摂りすぎには注意してください。家にいて口寂しいときは、つい間食に走りがちですが、間食と上手につき合うことが要ともいえます。

授乳によるカロリー消費がないので、カロリーオーバーにならないように気をつけましょう。産後は妊娠中と同じように食事をしているとどうしても太ってしまいます。ただし、授乳をしなくとも、ママの体からは授乳ホルモンが出ているため、無理は避けたいもの。
授乳しない場合でも、急激にしようとせずに、低カロリーの食事を3食きちんと摂ることが大事です。
育児で忙しい、早く痩せたい…と言って食事の回数を減らさずに、骨盤補正のエクササイズで緩みを引き締め、運動と食事でバランスのとれた生活を意識しましょう。

妊娠中の過ごしかた 出産後〜1ヶ月の過ごし方 出産後1ヶ月〜6ヶ月のトレーニング 出産後の栄養・食生活 出産後6ヶ月〜のリベンジ
▲ページTOPへ

出産後6ヶ月間の「チャンス」を逃した?

痩せやすいといわれる出産後6ヶ月間、いわゆるグッドタイミングを逃してしまった方…。
逃したからといって、あきらめることはありません!ママになったあなたは、これからはいつでも「産後ダイエット」。生涯付き合っていくものです。

赤ちゃんが大きくなって幼稚園に入るとき…
お友だちにもうらやましがられるような、スリムでキレイな、自慢のママになっているアナタを思い浮かべながら続けていきましょう!

そう、産後ダイエットとは、普通をベースに、「産後の骨盤を直す」ことに着目し、そしてゆったりペースで続けることが大切なのです!
赤ちゃんを産んだら太ってしまうもの…とあきらめないで!そんなことはありません。

 
妊娠中の過ごしかた 出産後〜1ヶ月の過ごし方 出産後1ヶ月〜6ヶ月のトレーニングダイエット 出産後の栄養・食生活 出産後6ヶ月〜のリベンジ
▲ページTOPへ



マイラボのトップぺーじへ